最近の記事
最近のトラックバック

2011年03月23日

東北地方太平洋沖地震の災害情報その6「子供達のHERO、大人たちのHERO」

東北地方太平洋沖地震により被害を受けられた皆様へ心よりお見舞い申し上げます

亡くなった方のご冥福を祈ると共に
行方不明の方々がご無事である事を願います
一日も早く復旧されることをお祈りいたします

ここ数日余震が続いています
皆さん気をつけてくださいね

先日に記事しました
ともたんのお友達自衛官Sさん
昨日から新たに福島の原発地域に出発する!とのお知らせが来ました
ともたんは「身体に気をつけて頑張ってください。m(__)m」
とメッセした所
「ありがとう 道中、上官から言われたのは 生きて必ず帰ろう でも 充分 生きて好きな事をして来ました 悔いはありません 」
とお返事が来ました
自衛隊の人って志、精神が気高くて
本当感動ですよね〜
昨日見つけた記事なんですが
そんな自衛隊の人達の現場での行動の事を書かれた記事あったので
こちらに転載しました。
かなり長いのスクロールしてみてくださいね

「一体どこから来るのか、
自衛隊員の半端ではない使命感」
(JBpress)より記事転載




「自分が行きます!」

 全ての隊員が口を揃えた。福島第一原発に放水をするため、陸上自衛隊のヘリコプター「CH-47」が出動することになった時のことだ。

 「任せろ、これくらい大したことはないさ」「今、無理しなくてどうする」

 被曝覚悟の作戦にもかかわらず、そんな声があちこちから聞こえてくる。

 同原発では、3月14日に3号機で放水作業中に水素爆発が起き、4名のけが人も出た。その中には、中央特殊武器防護隊長もいた。事故に遭った隊員は後送されるのが通常だが、隊長は下がることを強く拒んだという。

 「あの、温和なアイツがそんなことを・・・」

 同期の幹部自衛官が絶句した。とても、そんな無理をするタイプに見えなかったが、何が彼にそう言わせたのだろうか。

車座になって涙を流す隊員たち
 原発への放水作業だけではない、被災現場での救援でも厳しい状況は同様だ。氷点下の気温の中で作業を続けるが、燃料を使うわけにはいかないと、暖をとることもない。持っていた隊員用の携帯糧食を、迷うことなく被災者に渡す隊員ばかりだという。

 空腹の中で作業を終え、ドロドロになった戦闘服を脱ぎ、翌日、またその同じ服を着て出ていく。それは「昨日の記憶を背負いながら行く」ことでもある。

 目を瞑ると、目の当たりにした遺体の残像が浮かんでくる。それは阪神・淡路大震災の時も同じだった。

 当時、若かった隊員が、現在は曹長などリーダーになっており、その経験からか、誰が命令したわけでもなく、夜は5〜6人の作業部隊が車座になるのだという
つらかった光景、ひどく悲しかったことなど、黙々と作業をし続けたその日の全てのことを声を出して吐き出し、そして泣く。やがて、明日も任務を精一杯やろうと誓い合って、一日を終えるのである。

 東北の隊員は、全国から派遣されている部隊を気遣い、申し訳ないという気持ちと、自分たちは、一層頑張らねばならないという思いがある。しかし、彼らは被災者でもある。家族や肉親を失っていたり、今なお、愛する人が行方不明となっている隊員も多い。

 遺体を発見した時に「自分の家族では」という思いが頭をよぎっても、任務に私情は挟めない。

「今、行かなければ一生、後悔する」
 救援活動の中心となる隊員は、19歳から25歳くらいの若者ばかりである。中には地元で知られる「ワル」だったり、不良グループのリーダーをしていたような隊員もいる。それを40〜50代の、いわば「オヤジ」たちベテランが支えている。

 「人生経験も未熟で感受性豊かな世代が、人の生き死にを目の前にして、まして肉親の所在も分からないままなのに、感情を抑え続けて、心が折れないはずがありません。彼らは制服を脱げば普通の若者です。気持ちを打ち明ける時間をつくることは、大事なんです」

 収容した全ての遺体に手を合わせ、遺体安置所まで運ぶことが自衛隊の任務だ。彼らは安置所に入り、自分の家族を探すことはできない。入り口で、運び込んだ遺体の冥福を祈り、また現場に戻っていく。

 また、多くの隊員が妻や子を残して出動している。残された家族はさぞかし心細いだろうが、「この国難に弱音は吐けない」と、気丈に家を守っている。

 自衛官の死亡・行方不明者は計3名。空自・松島基地の隊員1名が死亡し、陸自・多賀城駐屯地(第22普通科連隊)所属の陸曹の死亡が確認された
行方不明の隊員もいる。最後まで避難誘導し、津波に飲み込まれるのを住民が見ている。

 仲間や家族の死に直面しても、今日も活動は続いている。すでに生存可能な時期を過ぎ、遺体を安置所に運ぶことが続くが、担架なども不足しているため、おぶって運んでいるという。

 予備自衛官も投入されることになった。「今、行かなければ一生、後悔する」と言う息子に、母親は「家のことは私たちがなんとかするから」と言って送り出したという話も聞いた。

 阪神・淡路大震災を経験した自衛官は言う。「日頃、いろいろと問題を起こすヤツもいますが、国難にあたってはすさまじい使命感でやっています。かつて、この国を守るために特攻隊で散華したのも若者たちでしたが、今、被災地で活動している彼らに重なります。彼らと同じ制服を着ていることを誇りに思います」

初めて敬語でメールを送ってきた娘
 地震発生以来、東京・市ヶ谷の防衛省では、陸海空の自衛官が戦闘服姿になり、臨戦態勢でそれぞれの任務に当たっている。多くが一度も帰宅していない。

 労をねぎらうと「現場はもっと大変ですから」と言い、すぐにでも現場に行き、共に活動したいと口を揃える。

 19階建ての庁舎では、節電のために皆さんが階段を上り下りする姿が目立つ。慌しくすれ違った叩き上げのベテラン自衛官が、ふと立ち止まり、振り返って言った。

 「そういえば、娘から初めて敬語でメールが来ましたよ」とちょっと恥ずかしそうに言った。

 その内容は、「日本に生まれ、自衛官の娘に生まれて良かったです。お父さんを誇りに思います」とのことであった。

 「明日から、現場に行ってきますよ」。そう言って、すぐに階段を駆け上がっていった。

 復興に向けて、自衛隊の戦いはまだまだ続く



読んでて涙出てきました
彼らは現代のHEROと言えるんでは無いかと思います

こんな中で子供達のHEROも立ち上がりました
twitterアカウント「@tokusatsuhero」
その名の通り特撮HEROのtwitterです
エール専用ツイッターです
「仮面ライダー」「ウルトラマン」「戦隊」など特撮番組の歴代ヒーロー俳優たちが
ツイッター(@tokusatsuhero)で東北関東大震災の被災者にメッセージを送り続けています
「忍者戦隊カクレンジャー」に出演した俳優・小川輝晃が呼びかけで始ったとの事です。
2006年、「仮面ライダーカブト」で主役を演じた水嶋ヒロも参加しています
「上を見るんだ。下を見ると、辛いこと、不安なことばかり考えてしまうから・・・。安心しろ、俺たちが、かならずお前たちを守ってみせる。@仮面ライダーカブト・天道総司役 水嶋ヒロより」と応援の言葉を寄せています
その他にも「仮面ライダー電王」を演じた佐藤健、「仮面ライダー響鬼」の細川茂樹、「ウルトラセブン」のひし美ゆり子も、かつての役名で応援しています。

そして財津和夫さん&ウルトラマン仮面ライダーヒーロー達の応援×チューリップ
財津和夫さんの落ち着いた癒される歌声にHERO達からの応援コメントが流れます



良いっすねぇ〜これ〜゚・*:.。. 感(*´ω`*)動.。.:*・゜
posted by ともたん at 16:45| 北海道 ☁| Comment(30) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ともたん♪

こんにちは^^

自衛官の方、仕事とはいえ、きっと、想像できない
くらいの葛藤が色々、あるんでしょうね。

そして、それを支える家族も、覚悟を決めている
というか、本当は言いたいことあるはずなのに、
心を強くして、自分に言い聞かせてるような。。

ほんとに命をかけて任務を遂行されている方たちに
心からありがとうって言いたいですね。


ヒーローの呼びかけいいね!子供たちだけじゃなく、
大人だって、勇気づけてくれる♪

ほんと、みんな思いやりあるよ日本人って^^
Posted by あかり at 2011年03月23日 19:16
こんばんわ^^

私も予備自衛官の人、知ってるけど、まだ、呼ばれていないようで
打診はだいぶ前にあったらしいけど、早く行きたいって言ってたよ。
やっと国民のために働けるときが来たって・・・
なんだか泣けてきたよ!

この財津さんの曲とっても良いね^^
子供たちの教育という面でもこれは良いかも!
頑張ってる人を見るのは何よりの教育だもの。
Posted by たえ at 2011年03月23日 19:20
自衛官の方のお話しは感動しました。
彼らがいてくれるからこの国は守られてるんですよね。
日頃、自衛隊への風当たりは強いけど、こんなに勇気のある方に感謝しないといけませんね。
大阪から派遣される年輩の消防士の方が「自分は歳を取ってるから
原発の方でも行くけど若者には安全な方に行ってもらう」と言われてました。
将来ある若者には命を大事にしてほしいと言うことです。
それぞれが他人を思いやることが出来る日本人。
素晴らしいよね〜。
Posted by anasthasia at 2011年03月23日 19:52
命がけの任務なんて・・・
ご家族の方々のご理解も凄いです。
ホントに現代のヒーローですね。
涙が出ちゃいました(・_・、)
Posted by mifa at 2011年03月23日 20:05
ともたんさん こんばんは〜♪

ともたんさんのお友達の自衛官のSさんも
りっぱな方ですね
Sさんのお話聞いていて本当に涙が出るくらい
感動しました。
全部読ませてもらいましたが、本当に立派ですね
私もともたんさんと同じ気持ちです
彼らは正真正銘の現代のHEROと言えると思います。
彼らがいてくれるからこの国は守られているのだと
あらためて思いました。
何処かの馬鹿な大臣が自衛隊さんのことを
悪口言っていましたけど、本当に許せません


Posted by sakura at 2011年03月23日 21:18
昨日からこっちも余震が多くなって
それも大きいのよー
いまだにあの日の震度5強の揺れが残ってて
忘れられないわ

自衛隊の方たちの日ごろの訓練
現場での活躍
言葉でうまく言えないけど
軽く言えば「感謝・・・感激」
重く言うと
自衛隊に守られて今の日本がある?

全然関係ないかなぁ?ごめんね・・・
ひめこ自衛隊にももち感謝
そして 海保が大好きであります・・・
あーそれ?海猿の影響???仙崎のイメージ?
でも
海保にも感謝です!!!
Posted by ひめこ at 2011年03月23日 22:02
自衛隊の方々には本当に感謝と涙です

この記事読んでまた涙が出たよ

元気出さないとアカンね

頑張ろう!
Posted by carmine at 2011年03月23日 22:25
感動して涙が出ました・・。
想像はしていたのですが・・こうして文章にされたものを読むと
なんと凄い任務を彼らはしてくれているのかと・・。

手を合わせて拝みたくなります<(_ _)>

若い隊員さんをしっかり支えるベテランの隊員さん。
阪神大震災の時の若手だった方がた・・

車座になって1日の終わりに、辛さを、本音を、吐き出し
泣き、慰め、励まし・・そして明日につなげる・・

凄いと思いました。こういうのってほんとに日本人ならでは。
日本人は凄い!!と思いました。

どうかこれからも頑張って下さいとお祈りするばかりです。
Posted by あんり at 2011年03月23日 22:43
こういった感動の記事を読むたびに
何もできない
何かができる立場でもない
本当はそれでもできることはあるんだろうけど
それすら見つけることができない

そんな自分自身と
今まで生きてきた世界に大きな悲しみを感じ、
つくづく己の小ささにいらだちを覚えます。

ただ、こういった心境を
あきらめや自暴自棄にもっていくのではなく

まだまだ至らない自分をしっかりと見つめ直し、
これから先は
彼らに追いつけるような立場や
男らしい世界に生きていけるような自分になれるよう
頑張るしかないと

思うしかなく、思い続けていきたいです。

よしっ!!!
Posted by YUKI at 2011年03月24日 00:29
熱いよねぇ。

胸に熱いものがこみ上げてくるよね。

現場の最前線で頑張ってくださっている方々に
最大限の敬意を表したいです。

うちらも頑張らんとあかん!!!!
Posted by しま at 2011年03月24日 06:33
本当に自衛隊の方って志が高いよね。
感動したよ。
様々な葛藤の中、遺体を搬送したりしているんだろうね。
辛い任務をやっている自衛隊の方々、素晴らしい!
感謝だね。
Posted by アヒルの子 at 2011年03月24日 10:53
 熱いですねー。

 マジ、泣けてきます。

Posted by ごんざえもん at 2011年03月24日 12:25
使命感 それはそういう訓練の繰り返しにより刷り込まれたものかも知れません。
でも、日本人のそんな打算的でないところがとても好きです。

最近の外国の自爆テロは、そうすれば神に祝福されると洗脳されてやっているようですが、第二次大戦中の日本の特攻隊などは、天皇のため御国のため同胞のためと自身を滅していったと聞きます。
米軍が一番恐れたのは、殆どの日本兵がそういう心を持って向かってくると感じたことのようで、それが無ければ原爆投下によって一気にけりをつけようとはしなかったかも知れません。
Posted by おくだっち at 2011年03月24日 12:39
本当に、
こんなに命がけでがんばってるのに、
海江田氏の処罰発言は許せないですよね。`´;

Posted by SATOMI at 2011年03月24日 13:00
また泣けました。
今回の震災で人の繋がりや奇跡そして死ぬ気で頑張ってくれている人達など
多くの感動ドラマの連続で
テレビや新聞そしてネットで感動をいっぱいもらいました
自分もできる事を一杯頑張りたいです
Posted by 権左ヱ門 at 2011年03月24日 13:26
ともたーん♪こんにちは(^O^)

自衛隊の方々…本当に感謝感謝です!!
阪神淡路大震災の時も、自衛隊の人たちがいてるだけで、
何だか安心するくらい、頼もしかった☆

人のため…言葉では簡単だけど。。。ね。
Posted by スタッフあかもも at 2011年03月24日 14:22
ブログを読ませていただいて、思わず目頭が熱くなってきました。
ともたんさんのお知り合いをはじめ、すべてのHEROたちにエールをおくりたいと思います。

そして、特撮ヒーローの被災地応援ツイッター、特撮好きな息子と共にぜひ見てみたいと思います。
Posted by RIKI at 2011年03月24日 15:03
そう言えば私がまだ子供だった頃、畑だったところが冬になると
ゲレンデに変わるようなところがあり、よく演習に来ていた自衛隊の
おじさんと一緒にスキー滑ったこと思い出したよ。
最初は怖い人と思っていたが、来るたびにパンを持ってきてくれたり
優しかったなぁ〜!
Posted by レック at 2011年03月24日 20:31
お疲れ様です♪
こういったのを見てると本当に誇り高き人たちが
集まってるのを感じますね〜
弟も昔はかなりやんちゃしてましたが
今はとてもしっかりしてますから
(。'-')(。,_,)ウンウン
こりゃ〜まけちゃあおれんです!!

Posted by こぼけせんむ at 2011年03月24日 21:33
自衛隊の方、本当に命がけの任務で、
大変な時に地味に活躍されています。
報いを求めることなく…
本当に頭が下がります。
自衛隊がいなかったら、
どうなっていたかと思います。
Posted by きっちゃん♪ at 2011年03月24日 22:35
自衛官の方々には 本当に頭が下がります。
皆さま ご無事で お戻りになられるよう 祈っています。
Posted by そらくうママ at 2011年03月25日 01:06
(~^T)ジーン
自衛官は、素晴らしいね。
ありがたい。
ほんと、感謝してます。

財津さんのこの曲は、前から知ってるけど、大好きです。
優しい言葉だよね。


このカクレンジャーは、忍者レッド?
よく見てたんだ、カクレンジャー、うちの子が(*´∇`*)なつかしい







Posted by ももぴん at 2011年03月25日 01:34
ともたぁーーん。

遅くなって ごめんねーー。





もう、 感動して 言葉が 出ないよぉー。(大泣)

ヒーロー達の励ましも。。。

自衛官さん達の使命感も。。。



本当に 私達に 出来ることは やらないと。。。

ありがとね。

ともたん 本当に ありがとう。

たくさんのことを 教えてくれて。。。感謝です。


Posted by ゆうみ at 2011年03月25日 02:08
こんにちは!
いつもどうもありがとうございます♪

まさにリアルヒーローだと思います。
自分もこういう気持ちをしっかり持って
子供に伝えられたらと思います・・・
なかなか難しいというか
今の自分では・・・ですが

またよろしくお願いいたします♪
Posted by スーパーサイドバック at 2011年03月25日 14:55
こんにちは♪
いつも訪問&コメントありがとうございます。
自衛官や、原発で作業してる方がの士気の高さには
本当に驚いています。
決して強制じゃないのに、命がけで作業に当って
くれていますから。
子ども達にも、今の危機感がわかるんでしょう。
何か、やっと日本に一体感が出てきたように思います。
Posted by hirokun at 2011年03月26日 08:35
「悔いはありません」って。。。
それほどまでに命がけの現場。
それなのに東電は被爆者を出し。
なんて事も思ってしまったよ。
Posted by くま8 at 2011年03月26日 14:46
僕は彼らと行動を共にしてきましたが
彼らの使命感・精神・行動力・体力は
本当に素晴らしく国のためとかではなく
人間として一人でも多くの人たちを助けたいという
言葉がとても印象的でした。
Posted by 風魔 at 2011年03月26日 16:25
こんばんは〜♪
初コメ失礼します

財津和夫さんのやさしい落ち着いた歌声と
アコースティックピアノの癒される伴奏
ほんと良いっすねぇ〜
感動して聴いてしまいました〜
いい音楽を聴かせてくれて...
ともたんさん ありがとう (*゜ー゜*)ポッ


感動が一番...心に残るね
Posted by suieidaisuki at 2011年03月27日 20:46
昨日だったかな? テレビで自衛隊の学校のことやってた。
そこは、中学卒業して4年間の学校。
その中で家族が多いから早く働いて家族のために・・・って子がいて、もう自衛隊になりたいと思っている子って中学卒業の時点から違うのかな〜と思ってみてた。
Posted by アヒルの子 at 2011年03月28日 10:38
ランキング応援と、おきてがみをクリックしたら メッセージにビックリ!

初めて気づきました^^
Posted by おくだっち at 2011年03月28日 13:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/192114827
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
  • SEO
  • loading
  • アィ〜ンともたんなブログ
無料レンタルサーバー QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。